1月24日(日)のじりばら愛好会の皆さんが、大塚原公園のつるばらの剪定作業をされました。古く傷んだ枝を切り、伸びた枝を支柱に括りつけ、鋭く尖った棘に刺されながら2時間の作業でした。昨年の台風では、一部のフェンスが倒れるなどしましたが、その補修をしながらの作業です。代表の大浦正人さんは、「大塚原公園入口の小さなバラ園です。100万本ものバラの花は咲きませんが、今年も春には美しく咲いて迎えてくれることでしょう。」とおっしゃっていました。皆さんも5月ごろにバラの香りを楽しみに行かれませんか。

DSC01326 R DSC01330 R

DSC01324 R DSC01322 R