12月17日(月)ホテルニューウェルシティ宮崎にて、内閣府主催「災害時における行政・NPO・ボランティア等との連携・協働に向けた研修会」が開催されました。県内および大分県から約100名が参加し、跡見学園女子大学教授 鍵屋一先生の基調講演後、地震を想定した団体間連携のワークショップが行われました。市民活動支援センタースタッフも参加してきました。

南海トラフ地震が起きれば、他県からの支援は期待できない状況が予想されます。宮崎県内の行政・社協・NPO・企業・病院・大学等々の連携を強化し、災害時にスムーズな支援ができるよう、平常時から顔の見える関係、心の見える関係を早急に築く必要があると痛感する研修会でした。
IMG 0031 R IMG 0042 R IMG 0048 R IMG 0059 R